Sky Exit Promotion

image
フィラリア症とは

フィラリア症とは

フィラリア症とは蚊の媒介により犬の心臓や肺の血管に寄生し、 血液中の栄養分を吸っていきている糸状の寄生虫です。


「犬フィラリア症の感染経路」

①フィラリアに感染している犬から蚊が血液とともにミクロフィ
ラリア(フィラリアの子虫)を吸い込む。

②蚊に取り込まれたミクロフィラリアが蚊の体内で感染能力のあ
る感染子虫に成長する。

③蚊が犬を吸血する際に感染子虫が犬の体内に侵入する。

④感染子虫は犬の体組織を移動しながら成長していき、やがて心
臓にたどりつき成虫となる。

(この成虫は約5年間生きます。)

※フィラリアは5段階脱皮を経由して成虫になるので、ミクロフィ ラリアをそれぞれL1、L2、L3、L4などと呼ぶこともあります。




「フィラリア症の症状」

最初のころは、咳をする、やせてくる、食欲がない、散歩などの 運動を嫌がる。

症状が重くなると、失神、貧血、腹部がふくれる(腹水のため)、 尿が赤くなる(血色素尿)などの症状もみられるようになります。




「フィラリア予防薬」

有効成分:モキシデクチン、イベルメクチンなど。

フィラリア予防薬には、内服、外用、注射があります。

  • 月1回投与
    • (1)内服薬 顆粒剤、錠剤、嗜好製剤(チュアブル)。
    • (2)外用薬 スポットオンタイプ(首の後ろの皮膚に沁み込ませる)。
    • 2)1回投与で6ヶ月有効 注射薬 皮下注射。

使用方法:内服タイプ(毎月一回服用)

使用始期は、蚊からの感染が始まって1カ月後より服用させます。 使用終期は、蚊からの感染が終わってから1カ月後まで飲ませる。

使用期間は、4月~6月頃より11月・12月頃まで飲ませまるのが一般的です。

※蚊は気温が約15℃以上で血を吸い始めますので地域によって差 がありますが、予防薬ですので一年を通じて投与されることを強 くお勧めします


image
Copyright © Skyexitservice all rights reserved.